売掛金回収をする方法は?

Posted on 17.2.20 By

掛取引において売掛金を期日までにきちんと支払う事は、商売人としては当たり前の行為です。そうは言っても、取引先の中には様々な事情により期日までに売掛金を支払えない会社もあるでしょう。そんな時にこちらとしては、どのような対応をとるべきでしょうか。それまでの信頼関係を考えると見逃してあげたくなる気持ちも分かりますが、ここは心を鬼にします。どのような事情があれ、売掛金は一刻も早く支払ってもらいましょう。

何故かと言うと、売掛金未払いによって不利益を被るのは圧倒的にこちらだからです。「あの会社は売掛金を支払わなくても大丈夫みたいだぞ」と多くの取引先に判断されてしまったら、次々と売掛金未払いが発生します。そうなったら、こちらは火の車です。売掛金未払いが発生したら速やかに、その売掛金を回収しましょう。その方法としては、以下の3パターンがあります。

自力で相手と交渉する方法と、法的手続きに移行する方法、そして弁護士に相談する方法です。前者はより円満に解決できる可能性が高くなり、後者は迅速に支払ってもらえる可能性が高まります。逆に、前者の手段ほど交渉が長引きやすく、後者の手段ほど多額の費用が掛かります。どの方法を選ぶのかは、回収する側が何を優先するかに左右されるのです。当サイトでは、売掛金回収の方法の中で「内容証明郵便」「交渉」「民事調停」の3つを紹介致します。それぞれにメリットとデメリットがありますから、方法を選ぶ際にはよく考えてから選ぶようにしましょう。

未分類