民事調停

Posted on 17.2.24 By

最後に、「民事調停」について紹介致します。民事調停は法的手続きの一種です。民事調停とは、裁判所が任命した調停委員の立ち会いの下で、当事者が話し合って問題の解決を目指す制度です。法的手続きの中でも費用が比較的安く済み、かつ手続きが簡単であるため利用しやすくなっています。ただし、民事調停はあくまで「調停」であって「訴訟」ではないため、裁判所が強制的に問題を決着させる事ができません。そのため調停が成立しないケースでは、民事裁判に手続きが移行する事になります。

もし民事裁判にまで発展した場合には、当事者同士のみで交渉を続ける事は困難になります。その場合には速やかに弁護士に相談しましょう。弁護士に売掛金回収を相談した場合、どうしても費用が掛かります。しかし民事裁判にまで問題が発展した場合には、費用は必要経費と見るべきでしょう。売掛金を回収できなければ、こちらに様々な不利益が生じます。

弁護士に売掛金回収を一旦相談してしまえば、こちらは精神的に非常に楽になります。売掛金回収処理の一切を弁護士が引き継いでくれますから、こちらはその間、売掛金回収の事を忘れて本業に集中する事ができるのです。自力で相手と交渉していると、次第に精神的に疲れていってしまいます。限界を感じたら、速やかに弁護士に相談しましょう。

未分類